ドノバンの憂欝(追記あり)

父ドノバンは下剤が効かないのか、結局3Lも飲んでいまだ待機中。だからといって何かしてあげられるわけでもないから、病院内を彷徨っている。
それにしても片麻痺の人とか、車椅子が目に入るとどうしても気になる。介護職の性ですな。昔は看板とか色んなサインのデザインとかが気になって仕方がなかったけど、今はヒト。それもハンディのある人。
さて、病室のドノバンの様子でも伺いに戻るとするか。退屈じゃ。

追記:
    どうも出そうになく、いつまでもこんな調子でベットに腰掛けたままでは体調の方が心配になってきた。お袋もなんだか草臥れてきた様子なので、リハパンにパッドを当てて(嫌がっていたけど)横にならせ、家に戻った。さてさて、検査入院が一日延びるかも。

ドノバンの憂欝(追記あり)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中