紳助、さんまにおける関西ローカル

ずいぶん放置が過ぎたと書かざるを得ない状況になりつつあるのな。

ご無沙汰でゴンス。

思ったより何時までたっても全方位で面倒臭いでゴンス。

勢いTVを見る時間が増えたけれど、正直つまらんなあ。
たかじんの番組も昔の「晴れ時々たかじん」の頃に比べたらマイルドやし。。。
ただ、こう云う「昔に比べたら」系のぼやきはあまりオモシロくない。まして「昔」を知らないから「今」がオモシロく感じている人にとっては臭オモシロくない。なのでもう一歩つっこんで考察もどきをしてみる。要するに雑な思いつき、暴論と云っても良い。

昨日、紳助の「行列のできる法律__」を再放送で観ていたら、十年以上昔の「紳助の人間マンダラ」という関西ローカルの番組が少し紹介されていた。

関西では週末の昼間にお笑いタレントが司会進行するトーク番組が必ずあり、たかじんはこの時間帯に定位置を確保し続けているし、ハイヒールもきっちりキープしている。「人間マンダラ」もそんな番組の中で頭一つ抜けてけっこう視聴率高かったし、私もほぼ毎週観ていた。

週末の昼間にギャラの高いタレントの看板番組が成り立つのは、関西だからかもしれないし、「ノックは無用」の流れもあるのかもしれない。吉本新喜劇が昼に放送されているのも大きいのかな。藤山寛美がいた頃はこれに松竹新喜劇もあったし、上方落語もTVでよく見た記憶がある。と、書きながら関西以外のこと知らない。でも、少なくとも週末の昼間にTVをよく観るなんて、考えようによっては寂しい人たちなんだなあ〜〜;。

で、ここまで書いておきながら、さすがは「思いつき」。書こうとした前提が呆気なく崩れる事実に思い当たった。ただね、それでも言えることは、紳助にとって関西ローカルの番組はかなり重要な存在だということ。その関西ローカルが「人間マンダラ」以降なくなったなあと思い、たかじんのマイルド傾向と絡めて書きかけたけど深夜枠に「クイズ紳助くん」がありましたね。ちなみに、この番組では無名だった藤原紀香がアシスタント(初代)していたけれど、確かにスタイルの良い可愛い娘ではあった。でも、まさかまさかである。

せっかくなので関西ローカルの23時以降で現在のメジャーどころをあげると、
「クイズ紳助くん」月23時台。
紳助ウォッチャー的に観ると、行列のできる__には明らかにこの番組の要素が増殖している。今日本でもっとも勢いのある司会者は紳助だろうね。
「明石家電子台」月24時台。
明石家でお判り、さんまの番組。偉大なマンネリズムと云うか、でも、さんまにかかると笑いになるのだから凄いよね。
「探偵ナイトスクープ」金23時台。
関西ローカルじゃないけど…。個人的には西田敏行より上岡龍太郎の方が好きだけど、これ書くとまた懐古趣味みたいだけど、決して西田敏行が悪いというわけじゃないからね。岡部まり綺麗だけど、たまに昔の観るとやっぱり…。越前屋俵太が好きだったけど、どこいっちゃったんだろう。

ま、メジャーどころといえばこんなところかの?いずれも息の長い番組で、初回を観た覚えがあるのは明石家電子台だけ。ちなみにWikipediaによれば(なんでも載ってるなあ)90年4月16日だから大阪の会社に勤める前で実家に住んでいた。探偵ナイトスクープはオレが大学卒業した88年3月で卒業旅行中、クイズ紳助は前身番組じたいはもっと前からだけど、今の形としては93年からなんでインド滞在中。どのみち知る由もない。

それで、ここから紳助とさんまにとっての関西ローカル番組とは何ぞや?を書いてゆけばHABU’s Blogは駄ブログにならずにすむのだが、すでに冗長になってしまったし、書く気もなくなってきたので止めとこ。

では、また。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中