今朝の夢

最近よく夢をみる。何故か怖い夢ばかりだったが、今朝は怖い夢ではなかった。

各国の戦闘機保有数を比べた絵グラフ。

日本6、A国11、B国8、C国9、アメリカ30くらいの感じでアメリカだけギガントみたいな爆撃機っぽい。ちなみにギガントとは、アニメ「未来少年コナン」にでてきた「化け物」で、太陽エネルギーで半永久的にとび続ける。武器の破壊力も当然ながら凄まじい。
夢の中のそれも同じらしく、あまりにも強力な破壊力の為に製造がタブーとされた時代が暫く続いていたようだが、ある危ない某新興国に対応するため再び作られるようになった。現在、保有しているのはアメリカのみということなのかな?夢の中では全て雰囲気なので詳しくは判らない。

さて場面が転じて、そのギガントみたいなのと戦闘機らしき小型機の二機が既に戦火につまれた都市を襲撃している。具体的な形状は多分に「風の谷のナウシカ」だが、雰囲気がまるでターミネーターの未来都市のようだ。
低空飛行の二機は地上から猛攻を受けているが、ギガントは何ごともなく、小型の方だけが火だるまのまま建物に突っ込んで大爆発を起こす。
視点がひいてゆき、炎の海を戦車が二台走行している(筈なんだけど止まって見える)。前を「走る」戦車はキャタピラが無く、そこにドワーフみたいな小さい人がいて、後続に乗っている小さい人から何か金属製のものを受け取る。上の方からクシャナ殿下のような声がする。

「砲弾だ、清々しい!○○を取れば□□になる」
何が清々しいのだろう?

場面が戦車内部に転じる。運転席の筈だけど何もない。若干「インディージョーンズ」の空気が混じってくる。
運転手は何故か劇団ひとりで、激しく揺れながら携帯の相手に大声で怒鳴るように喋ってる。「言葉」は英語の筈だけど日本語みたいに話の意味が判るというか解るのだが、突然、膝元に居るらしいサルが勝手に通話を切った。
「なにすんだよもう!」
最悪のタイミングのようだったが、サルは歯を剥いてしてやったり…ほとんどパイレーツ・オブ・カリビアンのサルである。
いつの間にか再び同じ電話。どうやら借金返済の細則に嘘の言い訳をしているらしい。
「実は今、ブータンに居まして払えないんですよ、ええ…ええ?!インドに行って払えって・・・?!インド近いって…でも今パソコン(カーナビ?テレビだったかな?)ないからどこ向かっていいか判らないし…」

Google Earthのような場面になり、ブータンとインド国境の筈なのに何故かバングラデシュのデルタ地帯みたいな地形、それもあり得ないほど水浸しで、黄土色の水面に小島のような緑の中州が無数にある。
その一つにズームインしてみると小さな島(周りが海に変わっている)いっぱいに高床式のバンガローがあり、そこに小型の恐竜が飼われている。他の島も同様で、そのうち「ジェラシックパーク」のテーマ曲をBGMに日本語に吹き替えた軽佻な男性の営業トークが始まっていた。
今、白人たちの間で恐竜パークでのキャンプツアーが大流行___PRの声に合わせた探検スタイルの服装の白人たち(もちろん空荷で)が汗を吹き拭きジャングルを歩くポスターみたいな場面。
体験者っぽい女性の声に切り替わり、「彼らにはちゃんと偵察役(ラプトルみたいな恐竜のCG)もいれば、見張り役やおとりの役までいて(それぞれにそれっぽい恐竜のCGに切り替わる)、とても緊張するけど、それが良いの(恐竜に食糧を盗まれる)」

そして目覚めた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中