岡本太郎を思い出しながら思う

今回のTIBET ROOMのリニューアルがヒントになって
また良からぬことを考えています。
それは何か___
お楽しみのコンテンツを収めた場ではなく
サイトそのものがコンテンツ
コンテンツがサイト
いやいや
むしろコンテンツなんてコトバを意識しないで、
今までのwebサイトの凝り固まった構造をぶっ壊して一つに練り上げたらどうなるか
試してみたくてウズウズしています。
何を書いているのかわからない?
そりゃそうでしょ。
わけの分からないものを作ろうとしてんですから。

それにしても、何故こんなことに気がつかなかったのか。
上辺だけ違う今までの凡百千万億兆サイトと根本的に違う考え。
どのみち埋没しているのに、何をテイサイ気にしているよ。
どう見られるかではなく、
どう見せるかでもなく、
どう評価されるかでもない。
どう見せつけるか
どう感じさせるか
どうやって楽しむか

少し昂奮気味なのは月の引力のせいかな。
断っとくけど、クスリはやってません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中