石濱裕美子先生、どういうこっちゃ���

やっとEVeNT情報を更新しました。
地味に表示の仕方を変えたりしています。そういった細かい努力は、こちらが言わないとスルーされるのがオチなので述べておきます。

ま、そんなことはどうでも良いんです。それより、敢えて紹介を見合わせたイベントがあります。今回はそのことについて書きます。

スルーしたのは、あの石濱裕美子先生の講座「チベット ー 天空の仏教美術」です。
おお石濱先生だ���と思った人、ちょっと待ったぁ���実はこれ、フリチベには何かと憤懣やるかたない例の至宝展に関連した講座なのです。では改めて、
「聖地チベット ー ポタラ宮と天空の至宝展」関連講座
チベット ー 天空の仏教美術
講師���早稲田大学教育・総合科学学術院教授 石濱 裕美子
朝日カルチャーセンター横浜教室にて開催です。

石濱先生、どういうこっちゃ���

氏が講演をされるbTibet09は、チラシの冒頭で件の至宝展をどうどうと批判しているし、チベットハウスも抗議のアピールをサイトに載せているのである。日本に在住のチベット人は、おそらく全員が開催を反対しているのではなかろうか。
そんな至宝展の関連講座を引き受けるなんて、あまりにも節操がないというか無神経じゃないかな���学問に政治は無関係だとでも言うのなら、今後一切フリチベに顔を出すべきではないのでは。
まさか、朝日カルチャーであの至宝展の展示説明は間違ってると批判するつもり���もしそうなら、それはいくらなんでもギャラ泥棒だし、安くない受講代だけでなく、既に至宝展のPRにも一役買っているんだからね。

と、沸々と疑問を抱いたのでスルーした。

これでフリチベ限定の有名人を特定して批判したのは二人目である。でも、名指しは初めて。
ちなみに一人目は長田幸康なんだけどね。あ、書いちゃった���な〜んて確信犯���けど、サイトで確認したら相変わらず「おすすめ」とかいって青蔵鉄道の本をサイトの一面に載せている。これもどういう神経しているのか。この人、自分のブログでは青蔵鉄道を批判してんだよね。

小さいことのようでいて、これってとても重要なことだと思うんだけど、お二人は何とも思っていないのかね���それとも俺はノリが悪いのかな���
でもさ、野生動物保護を訴えているヤツが毛皮きていたらどうします���それもシャトーシュかな。ちなみにシャトーシュとはチルー���チベットレイヨウ���の毛で織られた織物のことで、一枚のショールを作るのに���頭のチルーが必要なんだけど、チルーはワシントン条約、野生保護条約で保護されているため、現在出回っているのは全て密猟された闇ルートのもの。
中国政府はこれら野生動物保護を盛んにPRしているけど、それ以前に西部大開拓で大々的に自然破壊し、邪魔なチベット遊牧民を狭い土地に押し込めチベット人の生活を破壊している。
そして誰かさんは、そんなやり方を批難しながら、チベット破壊の象徴で金儲けしているんですよ。なんで誰も何も言わないのかな���私はフリチベJapanの七不思議の第一に挙げたいよ。

Media_httpimagewith2n_finjt

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中