見ーたーなー!

Img_2796
何してんの?

さすがに生後2ヶ月の顔はおぼこいな〜可愛いなあ〜(親バカ)

今日は親父のCT検査と内科の定期検診。といっても役目の殆どは運転手で、病院では殆ど側で読書してるだけ。ちなみに検査結果は特に異常はないとのこと。
異常と言えば、最近というか、このところ堤防の土手(散歩コース)にゴミを捨てる不届きものがいる。コンビニなんかで貰うビニール袋にカップ麺とか牛乳のパックとか空き缶とか入っているから最初は買い食いしてそのまま捨てやがったと思っていたが、マーガリンの容器に梅干しが詰め込まれていたり、歯ブラシとか使い捨てひげ剃りとか練り歯磨きのチューブとかね、これはもう明らかに生活で出たゴミを家から捨てに来ているに違いない。以前から時おりペットボトルが路肩に並んでいたりしてはいたけど、この袋ごとは最近になってから。おそらく同一人物がどんどんエスカレートしてんじゃないかと私は踏んでいる。
何れにせよゲンキの散歩のメインコースなので、これは本当に困る。他の犬は知ったこっちゃないが(嘘ですよ〜)、ゲンキはくわえたものを取ろうとすると引っ張り合いの遊びと勘違いする。それでも牛乳パックなんかだといいが、この前など使い捨てのひげ剃り__それも刃の部分!__をくわえこんでプラスティック部分を噛み砕いたから思わず悲鳴を上げそうになった。
それ以来ゴミ捨て行為への憤りはかなりレベルが高い。ゴミをポイポイ捨てるような奴は、自分で自分の生活を見苦しく不快なゴミ溜にしてしまっていることすら判らぬバカで野蛮な生き物だ。哀れなまでに理解力と想像力の欠如したゴミだ。ウンコだ。糞や糞!

今日の散歩では、そんな糞の某が昔に捨てたであろうペットボトルをゲンキと取り合いっこ(というか殆ど鬼ごっこ状態だけど)して遊んだ。
そこは堤防の内側にある細長いちょっとした芝生の公園で、他に誰もいない貸し切り状態かつ誰にも見られない油断もあって奇声を発しながら思いっきりはしゃぎ回った。ゲンキも大喜びで大昂奮の大暴れであった。
そして芝生の終わりにきた時のこと、行く手の土手を見やると、石段に腰掛けた金髪の若い白人さんがこちらをじーっと見ていた。いつの間に?!!でも、その佇まいはずーっとゲンキと私の様子を観察してましたよと語っているようだった…。

そんな良い汗をかいた散歩でしたとさ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中