人間とミミズとストロー

胃壁の内側ってどっち側?_昨日ツイートしたことを浴槽でうつらうつら考えた。
先ず一つめは「胃壁」を生体組織として考えた場合、「内側」とは組織内部の表面からより遠い方側である。
胃壁の構造なんて詳しいこと知りませんが、たとえば皮膚だと表皮から真皮とか汗腺とか下位組織が地層のように並び、さらに筋肉とか骨とか血管とかの別組織に遷移している(たぶん)けど、胃壁もそんな感じでしょう(おそらく)。
胃壁の内側とは、そんな組織の深いところ、もしくは更に深部の別組織の方側で、つまり、表面よりも組織のより深い方向の領域といえるのかな。
するとこの場合の外側は胃袋の表面、もしくは組織のない側、つまり胃袋の中の空間ということになる。
では次に空間として考えた場合だけど、この場合、胃壁をどう捉えるかキチンと考えないといけないような気もするが、このブログでそこまでする必要もないしオモシロくもないから、ここでは単に胃の内側の表面としてスルーする。
さて、表面という境界さえ定まれば、あとはどちら側を内側にするかだけど、胃壁という境界面の内側は、もちろん胃という一定の空間の中心により近い方向の領域、つまり飲み食いした咀嚼物が消化される胃袋の中である。

なんかややこしく書いて解りにくいけど、要するに胃壁をどう捉えるかで「内側」が変わってしまうということである。

と、ココまで考えたのはよいが、ココにいたって、二つ目の場合は「胃壁の内側」ではなく「胃壁より内側」または「胃の内側」だということに気が付いた。
はい、おしまい。

本当は話を発展させて、視点によって同じものが真逆になることもあるんだという当たり前なことを勿体ぶって書き、人の身体を単純化すると管になるというマメ蘊蓄を得意気に披露する予定だったんだけど、長過ぎる枕が呆気なく崩れ去ってしまい、非常にバツが悪うございます。それでもタイトルはメゲズに意地を通したけどね。
ま、こういう人間ですからツイッターに完全復帰せずにアンニュイしちゃってるわけでスら。
え?現実逃避?
どうでしょう、何とかならんかと真剣に悩んではいますが、はてさて欠伸がとまらないのは、どういうこっちゃ?!

以下、文章と全く関係なし。

Dsc_0077
こうすると大地の鼓動が聞こえるんだよ。

ふーん。

Dsc_0079
本当だよ。

ほんまに?

Dsc_0081
・・・・

・・・
Dsc_0078

やっぱり寝たか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中