一昨日の交通事故未遂?

Genki20100606

ブログを書く書くとツイッターで呟きながら、結局今日も書かずに終わりそうな勢いだった。カウンターをみると、数少ない読者が来てくださってるではないか。それも記事を投稿した日よりもT^T…これは喜んでいいのか???ま、そんなことは兎も角、ツイッターで思わせぶりに呟いた件から済ませよう。

橋の袂の上り勾配で勢いを失った自転車の少年が目の前で転倒し、そこへさしかかった乗用車にあわや轢かれる!と思わず目を背けたんだけど、ギリギリ助かった少年は、その後信じられない行動をとった___という内容をツイッターで呟いたんだけど、いやホンマ吃驚したというか唖然としたというか…。
起き上がると少年はすぐさま乗用車の運転手側のドアガラスを叩き、そして運転手に何か言ってから元に戻って四つん這いになり、「早く下がってください!」と叫んだ。「早く!」今度は身体を起こして車を押す。

こんな調子で昨日は下書きに書いていたけど、ここから一気にペース上げまっせ。

要するに車をバックさせたのだね少年は。そのとき既に反対側からも車が来ていて3台ほど停車、更に道のド真ん中にに倒れた自転車と少しだが散乱した荷物そっちのけで、少年は車に踏みつぶされずに済んだ携帯を拾い上げると、そのまま歩道に行き、携帯が壊れてないかを確認したのだった。
おそらくその場に居合わせた全ての大人たちが唖然と見ていたに違いないが、更に彼は道の向こう側にいた自転車に乗れない弟分に「(自転車や荷物を)こっちへ持って来い!」と命令した。なんだこいつ?!
結局、立ちすくんで動かない弟分が待ちきれなかったのか、やり過ごして欲しいのに動かない車が醸し出す場の雰囲気に耐えきれなかったのか、自分で自転車と荷物を取りには行ったけど、なんなんだこれは?今どきの子供がみんなそうなのか、それとも彼だからなのか、死にそうになったんだよ。それなのに携帯を心配するなんて!

と、当日及び翌日まで思っていたわけだが、考えてみれば、人間って案外こんな行動をとるもんだということを思い出した。
中2のとき、雨上がりの交差点で単車にはね飛ばされたことがあるんだけど、当たった次の瞬間には道に手をついていた。まあ正確にはその間の記憶が抜けてるんだけど、我に返って最初に思ったことが「服が濡れる」だった。異常な状況下における極度の緊張がやらせたのだろうけど、これも一種の脳の自己防衛なんだろうな。
ただ、少年の動きがあまりにも平然と終止なされたように見えたから、そこまで思い及ばず、散歩の途中でゲンキを連れていた為に何も出来ず、少年たちが走り去り、止まっていた車も行ってしまい、再び何ごともなかったかのような眺めにはぐらかされた気分でポツネンと佇んで・・・・。

なんやねん、いったい。

は〜、想定以上に長くなってしまったな。
写真は今日の昼ちょっと前。ん?後だったかな?忘れた。とにかく昼間。意外と長い前脚にょきっとな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中