偉大な疑問

Dsc_0007
おはようございます。
 
 
一昨日ですが、ふと偉大な疑問を抱いてしまいました。
というのも、不肖私はこの夏の暑さ以上に熱かった酷暑季のインドで金玉袋の冷たい感触に放熱機能の凄さを身を以て認識したのですが、散歩中にふと目の前を歩くゲンキの玉袋はどうだろうか気になってしまったのです。で、そのまま忘れそうになりましたが、昨日確かめました。アップ前に寝てしまいましたが…  

Dsc_0027

1歳のゲンキの金玉袋は黒いです。どこで遊んでんだ?オレのはこんな黒くない。関係ないか。

それで夕方の散歩、帰路にて目の前の斜め伏角63°(テキトウ)でゆらゆら揺れる玉袋にそっと手の平を添えてみた。
「何すんだ!」実を翻して怒った瞳が心なし潤んで見えた…嘘。

Dsc_0028

ボク、もうお嫁に行けないよ。。。

結果
体温より低めだけど、ビックリするほどではなくほどほど。(今朝も再確認)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中