小学2年生の算数テスト

かけ算の順番とやらが論争されているらしい。ただ私のTLには殆ど流れてこなかったから、たまたま見かけた時は「ばっかじゃねーの?」と思ったくらいで、すぐ忘れ去っていたんだけど、今日久しぶりに公式RTで目にしたから、せっかくなんで簡単に思うところなど。

小学2年生の算数テスト 8×6=48 ← まちがい! 正解は6×8=48 : はちま起稿.

で、掛け順が違うといったい何の不都合があるのかと気になり「かけ算 順番」で検索してみたが、何やらややこしい事が書いてあったので、途中で匙を投げた。興味のある方は、どうぞ検索して自分で調べてみてください。

何れにせよナンセンス。教え方とか教育とか理解の為の方便というなら、いずれ習う数式「xy=yx」をどう説明するのか。それとも算数は数学とは違うというのか?いろいろ御託を並べる「先生」がたに、8×6と6×8が(テストで×を貰うくらい)”等しくない”ことと数式「xy=yx」の間の矛盾を説明してもらいたい。

ちなみに、1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000…0歩譲って、式が×でも答え48本は正解だから○じゃないの?部分点10点もらえる筈でしょ。ねえ先生?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中