白昼堂々夜這にきた彼のことは覚えている。 私を見た瞬間の落胆した表情も… 「ちっ…ガキ」 そう捨て台詞だけを残 […]

Read More